弁護士に相談して問題解決【過払い金を奪還大作戦】

男性

司法試験の存在

裁判

司法書士と弁護士には色々な違いがありますが、その中でも明確に違う部分と言えば司法試験の違いでしょう。司法書士は司法試験を受けなくてもなれ、弁護士は司法試験を受けないとなれません。

基本的な業務

握手

弁護士は法律のスペシャリストとなっており、どのような問題も真摯に捉え解決してくれます。また、人脈が広いので問題を解決してくれる専門家を紹介してくれる事があります。

様々な局面で活躍

案内

法的な問題を抱えている方は自分がどのような問題に直面しているか把握しておく必要があります。なぜなら、法律問題を解決してくれるのは弁護士だけではないからです。税理士や会計士など専門家は複数存在します。

レベルの差

裁判所

司法書士と弁護士は、良く同列に語られるものですし、似たようなものであると解釈して認識している事が多いかと思われます。大体の認識としては、弁護士の安くなってお手軽なバージョンが司法書士だ、といったような認識になっているのではないでしょうか。その認識は間違っていると言い切れるものではありませんが、完全に正しいとも言い切れるものではありません。なぜならば、そもそも扱える範囲が全く違うからです。弁護士も司法書士も、法のもとに係る内容を扱う仕事であるのは間違いなく、その認識は皆様されていることでしょう。しかしながら、実際にどこまでの内容を扱えるのか違いがあるということについては、思いの外認識されていない現状にあると言われています。特に、過払い金に関する案件において司法書士が活躍するようになってきた現代ですが、実際のところは扱える案件に制限があることはあまり知られていません。それは、司法書士のシステム上の部分に関係しているのです。弁護士と司法書士との間に存在する超えられない壁、それが「取り扱い可能な額が設定されている」ということです。司法書士には140万円以内の案件までしか取り扱いすることはできないですから、それ以上の案件は弁護士の範疇となります。その根拠としては、能力の担保の違いにあります。司法試験を受けて通っているかどうかという違いの問題なのです。このように、弁護士と司法書士の違いがあると言うことがお分かり頂けたのではないでしょうか。